ヒョヌ様 応援

9/24 記者会見📸✨✨

いよいよ❤️

ーーー

KBS2の新週末ドラマ「紳士と娘」がポン·ジュノ監督の映画「寄生虫」の明るいバージョンだと自信を示した。 紳士の家に戻った女性家族の話を耳打ちしたからだ。

24日午後、「紳士と娘」の制作発表会が開かれた。 同日の行事はコロナ19拡散防止のためにオンライン生中継され、シン·チャンソク監督と俳優チ·ヒョヌ、イ·セヒ、カン·ウンタク、パク·ハナ、アン·ウヨン、ユン·ジニ、イ·ジョンウォン、イ·イルファ、オ·ヒョンギョン、ソウ·ジンが出席した。

「紳士と娘」は自分の選択に責任を果たし、幸せを求めてくる「紳士」と土のさじ「お嬢さん」が出会って繰り広げられる波乱万丈な物語を描いた作品だ。

この日、シン·チャンソク監督は「韓国ドラマは止められない楽しさと感動を与える。 憂鬱なコロナ時代なので多くの楽しさを与えるのが地上最大の目標」とし「人物間の葛藤も極限的に選ぼうとせず、悪人もすべて事情がある。 彼らが複雑に絡み合って笑いと感動を与えようとしている。
多くの視聴者が愉快·爽快感を感じるまで続ける」と述べた。

続いて作品について「妻と死別した年老いた紳士があり、子どもたちは母親が恋しくて毎日泣いている。 その家に家庭教師として「土さじ娘」が入ってきて、彼の父親は運転手として入ってくる。 そこに母親も密かに隠れており、兄はその家の娘と愛にかかわる」とし「映画『寄生虫』の明るくて愉快なバージョンだ。 しかし、すぐに追い出され、紆余曲折の話がある。世の中の至る所が地雷畑だが、韓国ドラマでは至る所が愛の畑だ。 愛の過程を一つ一つ確認しながら、多くの楽しみを感じてほしい」と説明した。

続いて「希望はどんどん消える時代だ。 身分上昇の階層はしごが消える世の中で’寄生虫’の中の家族が寄生虫だけでなく庶民大金持ちに成功する話がある。 そのような点で代理満足と勇気を与えるものと期待される」と付け加えた。

シン監督は『一人だけの私の味方』を執筆したキム·サギョン作家と呼吸を合わせた。 これについて「心配だ。 問題がある。 少し角を立てて自分の主張が行き交うべきだが、あまりにもぴったりなので問題だ」とし「作家が台本を立派によく書いて私が問題にする理由がない」と述べた。

目標視聴率を聞くと「自分の心の中にあるので明らかにするのは難しい」としながらも「視聴率より重要なのはコロナ時代に笑いをたくさん出して慰めてほしい」と思う。 来年コロナがなくなれば新しい希望のメッセージを持ってほしい」と答えた。

キャスティング基準についてシン監督は「チ·ヒョヌはとても紳士のようだ。 他の俳優は想像できないほど紳士といえばすぐに思い浮かぶ俳優」とし「オーディションを本当に多く受けたが、イ·セヒが役柄に合わせて演技が上手だった。 私たちも経験豊富な人を見つけたが、その方たちより生気溌剌としていてとてもよく似合っていた。 シンデレラを作ってみようという意味で抜擢した」と説明した。

続いて「カン·ウンタクは3度目の呼吸を合わせるが、今回は私がお願いした。 韓国ドラマ『秘密の男』で役柄を見事に演じ、探しているところが多かったが、一度だけ助けてほしいと頼んだ」とし「イ·イルファは20年前から注目してきた。 その時から演技が上手で端麗なので必ず一緒に作品したかった。 片思いを20年間続けてきたが、『秘密の男』で願いを叶えたが、情熱が人並みはずれたので再び頼んだ」と付け加えた。

チ·ヒョンウはエフティ·グループ会長であり、妻と死別した後、子供3人を育てているイ·ヨングク役を演じた。

久しぶりにKBSに復帰したチ·ヒョヌは「03年KBSの公開採用出身で、出勤を数カ月ほどした。 故郷に来た感じ」とし「久しぶりに週末ドラマでお会いできて光栄だし、以前とは違う姿をお見せしたいと思っている」と話した。

続いて「今回は息の長い作品なので、いろいろな面をお見せできると思います。 自然にお見せできるよう、多くの練習と努力をしている」と話した。

今回の役割のために特別に気を遣った点を尋ねると、「これまでの作品よりも少し真剣で、子供がいるから恋をしてもいいのかという疑問符を持っている。 しかし、愛する心だけは深くて暖かくてどううまく表現できるか悩みだ。 小説や古典作品を見ながら参考にしている」と答えた。

相手役イ·セヒとの呼吸については「イ·セヒが初作品で初主演なのできれいではない魅力がたくさん出てくる。 予想できない演技だったので、新しい演技を披露する方もいると思う」と自信を示した。

父親の演技に初めて挑戦した彼は「子供たちを訪ねて一緒に練習する時間が多いほど、私が得るものが多い。 私が時間を割くと思ったが、結局は私のためだった。 子どもたちを見ていると恋に落ちる感じがある」とし「特に努力したことはなく。 一緒にキャッチボールをしたり、バドミントンをしたり、食事をしたり、散歩をしたりしながら時間を過ごしている」と話した。

イ·セヒは厳しい環境の中でもたくましさを失わず、入居教師としてイ·ヨングク会長の家に入るパク·ダンダンを演じる。

彼は、他の役でオーディションを受け、500倍の競争率を勝ち抜いて主人公にキャスティングされた人物だ。 イ·セヒは「最初はパク·ダンダンの従弟役でオーディションを受けたが、2回目では主人公の役なのでがっかりした。 「こんなにすごい監督、作家が私のような誕生日を書くのか」という考えだった。 だから気楽に見せるものを全部見せてこようというつもりだったが合格の知らせを聞いて信じられなかった」とし「丹丹丹のようにしっかりと最後まで臨む」と説明した。

覚悟を尋ねると「この作品に迷惑がかかってはいけない。 立派な先輩、監督、作家と一緒だから、みんな私に何か一つでもチップを与えようとする。 その気持ちをしっかりと心から演技しようと思う」と語った。

イ·セヒは主演としての負担について「ないわけではない。 非常に大きいが一つの責任感だと思う」とし「序盤に監督から鏡を見て毎日100回’私はダンダン’と言えと言われた。 そのようにマインドコントロールをしたのが役に立った。 他の先輩にもたくさん助けてもらったので、うまく切り抜けることができた」と話した。 これについてシン·チャンソク監督は「わたしが『魔法の鏡』をプレゼントした。 いつの間にか硬くなった」と付け加えた。

イ·セヒは今作を通じてどんな印象を残したいか尋ねると、「国民オトゥギ」と答えた。 キム·ヨナは「厳しい状況の中でもたくましく立ち上がるオトゥギのように、これから私もしっかり歩いていく」と誓った。

イ·ヨングクの末の息子イ·セジョンを演じるソ·ウジンは、記憶に残る瞬間を尋ねると、「父さんと遊園地に行くシーンがあるが、好きな人たちと行って撮影ではなく、本当に遊びに行ったように楽しくて良かった」と語った。

続いてチ·ヒョヌについて「本当のお父さんのようだ。 ドラマではぶっきらぼうでよく遊んでくれないが、実際は撮影のない日にも出て遊んでくれ、練習も一緒にしてくれる。 父親のように楽で演技するのが楽しくていい」と話した。

チ·ヒョヌはイ·ヨングクのキャラクターに対するキーワードとして「正直さ」を挙げた。 パク·ハナはチョ·サラについて「桃」「柔らかいがしっかりした種を持っている。 サラも表向きははつらつとしたふりをしているが、その中に欲望と密かに夢見る秘密がある」と説明した。 アン·ウヨンは「テボムが坊やの息子のようにかわいらしく見えるが、体は少し怒っている。 迫力あるときもあって、子犬のようだ」と語った。

最後にイ·セヒは「一生懸命作ったのだから楽しく見てほしいと言っている。 僕たちは面白く作ったので 頑張って見てほしい」と話した。 チ·ヒョヌは「魅力的な人物が多い。 彼らの愛、人生についてのストーリーをたくさんご覧になりながらたくさんの慰めを得てほしい」と強調した。

シン·チャンソク監督は「最近、宅配便運転手が一番大変な職業のようだ。 「私も宅配監督として明日、いいものを配達してあげる。 笑いと感動、愛というプレゼントを宅配したい」と決意した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です