ヒョヌ様 応援

  • ヒョヌ様 応援

    📺ドラマ「美女と純情男」情報

    ドラマ:「美女と純情男」の予告やあらすじを少しずつ掲載しています。
    見ても良い方だけご覧くださいね。

    写真はあらすじと合ってないところもありますが、公式サイトで同じように表示されています。ドラマ関連の記事がすごく多くて追いつけなさそうなので、公式サイトよりあらすじをメインで訳して更新していきますね!

    ——————————————————————————————————-

    [第1話]

    13歳のドラは欠損家庭に与えるお米と食料品を役場で受け取り、家に帰る途中、重い荷物を家まで持ち帰ってくれた高校生のコ・デチュンに一目惚れする。 しかし、ソウルに住んでいるというコ・デチュンに二度と会うことができず、残念に思っていました。 そんなある日、ドラは借金に追われ、家族と一緒に夜逃げをすることになり、そうやって引っ越しをすることになった家で、主人の息子であるコ・デチュンに再会するのですが…

    [第2話]

    ジョンミとの初恋がばれて家の中に閉じ込められるようになったデチュンは、ついに飛び出すが、ジョンミが去ってしまったことに気づき、憤怒する。 美容室の院長に謝罪し、ジョンミを再び連れて行くようにとソンヨンに駄々をこねるコ・デチュンを見て家族は大きく当惑し、怒ったクムジャは誤って長い間家族が口を閉ざしてきた秘密を口外してしまう。 これに衝撃を受けたデチュンは家の外を飛び出してどこかに消えてしまうのですが··

    [第3話]

    ジュンソプとミジャの同行を目撃した周囲の人々の証言が相次ぐと、ソンヨンは混乱に陥り、ミジャに直接会って談判をすることを決心する。 一方、心を入れかえて勉強に集中しようとしたコ・デチュンは急いで助けてくれというドラの電話を受けてどこかに駆けつけるのですが··

    [第4話]

    15年後、KMS放送局のドラマPDになったコ・デチュン→改名後、ピルスンは、ミニシリーズ『直進メロ』の助演出を担当することになり、スター俳優になったドラは『直進メロ』のヒロインにキャスティングされ、二人は再会します。 ピルスンは本人が分からないドラと絡まないようにあらゆる努力をしますが、状況は思い通りに進みません··

    [第5話]

    ドラは復讐心に燃えてビビが好きなボンスを誘惑し始め、デチュンはそんなドラの行動に大きな失望感を感じます。 そんなある日、怒りに満ちたビビが撮影現場に登場し、現場はあっという間に修羅場となるのですが…

    [第6話]

    金子は賢哲に事業資金を貸します 宣言した後、悲壮な顔をしたままミジャに会いに行きます。 一方、ピルスンは撮影場の平和のためにドラとボンスの機嫌を取ろうと努めます。 そんなデチュンの努力を好感と勘違いしたドラは妙なときめきを感じるのですが··

    [第7話]

    腹が立ったドラはピルスンに完全に背を向け、ピルスンの助演出生活に大きな危機が訪れる。 一方、撮影現場にご飯の車を送るなど、ドラの心をつかむために努力していたコン代表は、ついにドラと次第に近づき始めるのですが…

    [第8話]

    家の後事問題で一戦が繰り広げられたコン会長の家。 腹が立っていたデスクは、知人のチョ女史に会いに行き、スヨンに対する秘密を聞くことになります。 一方、無人島に撮影に行った直進メロチームは突然の波浪注意報に急いで撤収し、置いてきた物を取りに行ったドラとピルスンは船に乗れないまま無人島に二人きりで残されるのですが…

    [第9話]

    ミジャの手練手管にだまされてドラの心を得たと勘違いした診断は、愛嬌にドラが好きであることを明らかにします。 一方、必勝にますます心を奪われ、混乱していたドラは、撮影中の事故で意識を失ったピルスンを抱いて泣き叫ぶのですが…

    [10話]

    デスクはチョ女史にスヨンの秘密をジンテクに直接話してほしいと頼み、チョ女史との約束の席にジンテクを連れて行きます。 一方、背中に紙を貼った犯人を探していたピルスンは決定的な証拠を求めてドラを圧迫し、窮地に追い込まれたドラは腹立ちまぎれにピルスンへの思いを告白してしまうのですが…

    [第11話]

    [第12話]

    [第13話]

    [第14話]

  • ヒョヌ様 応援

    記事:チ·ヒョヌ、イム·スヒャン、コ·ユンを眺めながら複雑な気持ち···微妙な雰囲気 (美女と純情男)

    元記事はこちらから

    https://pickcon.co.kr/m/view.html?contid=2024041380048

    一堂に集まった「美女と純情男」イム·スヒャンとチ·ヒョヌ、コ·ユンの間に微妙な雰囲気が感知された。

    13日に放送されるKBS第2テレビの週末ドラマ「美女と純情男」(脚本:キム·サギョン、演出:ホン·ソクグ、ホン·ウンミ)の第7話では、親しくなったパク·ドラ(イム·スヒャン)とコン·ジンジン(コ·ユン)をただ遠くから見守るしかないコ·ピルスン(チ·ヒョヌ)の姿が描かれる。

    前回の放送でドラに一目惚れし、「直進メロ」ドラマに投資したチン·ミョンはプレゼント攻勢を繰り広げるなど、ドラに積極的に近づき始めた。 ドラは必勝の意図的な好意を好感に感じ、徐々に心を開いたが、偶然必勝がチャ·ボンス(カン·ソンミン)と自分を悪口する姿を目撃し、大きな裏切りに襲われた。

    本放送に先立って今日公開されたスチールには、一つの空間の中の極と極の感情を表わすドラ、必勝、診断の姿が含まれており、視聴者の興味を刺激する。

    ドラマのメイン投資家の診断が撮影場に本格的に登板すると、現場は大きくざわめき始める。 チンダンがドラを応援するために、撮影現場に並々ならぬスケールのご飯車を送ったのです。 これに対し、ドラは必勝を意識したまま、努めて笑みを浮かべながら診断と食事を続け、精一杯浮かれた姿の診断はドラの心を得るために努力を注ぐ。

    一方、ドラに申し訳ないピルスンは彼女が好きなトッポッキを包装して彼女を訪ねて行きます。 ピルスンは自分と比較されるジンダンのご飯車のプレゼントに気後れし、木の後ろに隠れてドラを哀れに見つめる。 とうとう必勝は、ドラのマネージャー、李ジェドン(ナム·ジュンギュ)をつかまえて訴え、本音を打ち明けるというのです。 一方、必勝に対する裏切り感にとらわれた都は、決心したかのように彼に背を向けるかと思えば、冷たい表情で一貫していて薄氷の上の雰囲気を形成します。

    果たして、手のほどこしようもなく遠くなった必勝とドラの関係はどのように流れていくのか、また、診断は自分のやり方でドラの心をつかむことができるのか、さらに深まる3人の関係に関心が集まっています。 KBS第2テレビの週末ドラマ「美女と純情男」第7話は今日(13日)夜7時55分に放送されます。

  • ヒョヌ様 応援

    記事:チヒョヌ、イムスヒャンとの再会はばれましたか..涙で家族に訴えましょう(「美女と純情男」)

    元記事はこちらから💁‍♀️

    https://news.koreadaily.com/2024/04/13/sports/broadcast/20240413014619276.html

    13日午後7時55分に放送されるKBS2TV週末ドラマ「美女と純情男」(脚本キム·サギョン、演出ホン·ソクグ、ホン·ウンミ)7回ではコ·ピルスン(チ·ヒョヌ分)が叔母コ·ミョンドン(イ·ヨンウン分)と母親キム·ソニョン(ユン·ユソン分)に涙で哀願する。

    先立ってピルスンは「直進メロ」二人の主人公パク·ドラ(イム·スヒャン扮)と相手俳優チャ·ボンス(カン·ソンミン扮)の機嫌を取りながら撮影場の平和を守るために努力した。 しかし、ドラとボンスの神経戦は終わっていません。 結局、ピルスンはボンスとの食事の席で雰囲気に流されたあまり、ドラの悪口を言ってしまい、その姿を直接目撃したドラが大きな裏切りに陥り、今後繰り広げられるドラとピルスンの話に耳目を集中させた。

    本放送を控えて今日公開されたスチールには、必勝とミョンドンが真剣に対話を交わす姿が含まれており、見る人たちの好奇心を誘発する。 甥のピルスンと叔母のミョンドンの間に普段とは違う妙な緊張感が形成され、尋常でないことが起きたことを直感させる。

    撮影現場の前を偶然通りかかったミョンドンはピルスンを見て喜んでいるが、すぐに彼の姿に怒り始める。 ミョンドンが知ってはいけない場面を目撃したのです。 これに対し、ピルスンは切実な気持ちを込めて母親のキム·ソニョン(ユン·ユソン扮)にまで秘密にしてほしいとミョンドンに頼み、そんなピルスンの言葉に考えが多くなったミョンドンは彼を鋭意注視する。 ミョンドンが発見したピルスンの秘密は何だったのか疑問が沸いてきます。

    一方、ミョンドンは外からだけでなく、家の中までピルスンと秘密の話を続けていきます。 だが、2人の対話を家族が全て聞くことになり、固く隠していた秘密を全てばれてしまう。 秘密をばれたピルスンは涙ぐみながら家族に訴え、ソンヨンもこれまでぐっと我慢していた感情を爆発させます。

  • ヒョヌ様 応援

    記事:イム·スヒャン、信じていたチ·ヒョヌの裏切りに腹が立ちます..冷たい面(「美女と純情男」)

    元記事はこちら💁‍♀️

    https://biz.chosun.com/entertainment/enter_general/2024/04/12/JCV25GRHRDLONUGNXDVMJ5A2FE

    「美女と純情男」のイム·スヒャンが一時頼りにしていたチ·ヒョヌに氷のように冷たくなります。

    13日に放送されるKBS2TV週末ドラマ「美女と純情男」(脚本キム·サギョン、演出ホン·ソクグ、ホン·ウンミ)7回では再びずれてしまった「トップ俳優」パク·ドラ(イム·スヒャン分)と「ドラマPD」コ·ピルスン(チ·ヒョヌ分)の出会いが描かれる。

    先立ってピルスンは自分を見る時には過去の大まかなことを思い出すドラの相次ぐ疑いに困っていましたが、臨機応変に状況を免れました。 また、ピルスンは撮影現場の平和のためにドラの機嫌を取ろうと努力し、ドラはそんなピルスンの好意を好感に感じ、彼を頼り始めた。 しかし、ドラはチャ·ボンス(カン·ソンミン扮)に自分を悪口を言う必勝の姿に衝撃を受け、ドラと必勝の関係がどのように変化することになるか緊張感を抱かせた。

    その中で、今日(12日)公開されたスチールには撮影場で出会ったドラとピルスンの姿が含まれていて目を引く。 ドラは必勝と一定距離を維持したまま、彼を冷ややかな視線で眺めているのに対し、ピルスンはドラの顔を見ることができず、両手を合わせてうつむいています。

    そうかと思えば、ドラは台本を読んでみるなど撮影に集中しようとするが、必勝がずっと目の前に見えると、裏切りに震えながら怒りを表出する。 腹が立ったドラの行動にピルスンはどうしたらいいか分からないが、ドラによって結局ピルスンのドラマPD生活には大きな危機が訪れる。 特に、ホン監督(イ·スンヒョン)が必勝を励ます姿まで捉えられ、尋常でない不安感が漂っています。

    撮影現場で絶えずぶつかるドラと必勝の関係は、予想外に流れていきます。 果たして必勝のPD生活を揺るがすドラの極端な行動は何なのか、また二人は関係回復に成功できるのか、本放送に対する好奇心を最高潮に引き上げています。

  • ヒョヌ様 応援

    記事:キム·ホジュン、「美女と純情男」のOSTに合流…···「結局はあなたです」でイム·スヒャンとチ·ヒョヌの関係に力を加える

    元記事はこちら💁‍♀️

    https://m.mbn.co.kr/news-amp/5018778

    歌手のキム·ホジュンが週末のお茶の間劇場を名品の声で染める。

    KBS2「美女と純情男のOST」の歌唱提案を受けたキム·ホジュンは収録曲「結局はあなたです 音源を13日に発表します。

    「美女と純情男」は、一夜にして底辺に墜落することになったトップ俳優のパク·ドラ(イム·スヒャン扮)と、彼女を愛し、再び立ち直らせる素人ドラマプロデューサーのコ·ピルスン(チ·ヒョヌ扮)の、山のような数々の空中戦人生の逆転を描いた波乱万丈なロマンスを描きます。

    OST収録曲「結局はあなたです」は劇中のパク·ドラとコ·ピルスンのすれ違いの中で続く必然的な出会いを代弁するような歌詞と情と動を行き来するドラマチックな展開にキム·ホジュンの訴える力の濃い感情線が調和し感動を加える。

    結局はあなたです/何度も私を笑わせた人/唇の先に結ばれたその名前/生まれ変わるとしても/私はあなたです」という曲展開が淡々と続く。 タイトルから垣間見ることができるように、自然に惹かれる心の方向を繊細な歌詞で表現し、最高のセッションと作曲家たちが一丸となって、キム·ホジュンならではの魅力を極大化したバラードに仕上がりました。

    最近、正規アルバム2集「世界(Alife)」発売および80人組KBS交響楽団と共に飾ったクラシック単独ショー「ザ·シンフォニー」、4月末から始まる「トバロッティクラシックアリーナツアー2024」など旺盛な活動を続け、最高の全盛期を走っているキム·ホジュンはOST新曲「結局はあなたです」で視聴者たちとファンの愛を受けるものと期待されます。

    OST制作の関係者は、「修飾語が要らない名品ボーカリストのキム·ホジュンが歌唱を担当することになり、ドラマに深い感動を伝えるだろう」とし、「美女と純情男は視聴率50%に迫り、多くの愛を受けたドラマ『一人だけの私の味方』のキム·サギョン作家とホン·ソクグ監督、チェ·チョルホ音楽監督の完璧な組み合わせで視聴者の呼応を導いている」と明らかにしました。

  • ヒョヌ様 応援

    記事:キム·ホジュンの「美女と純情男」のOSTに参加···「結局はあなたです」

    元記事はこちらから💁‍♀️

    https://m.mk.co.kr/news/broadcasting-service/10988435

    歌手キム·ホジュンが週末のお茶の間劇場を感動で染める。

    KBS2の週末ドラマ「美女と純情男」のOST歌唱提案を受けたキム·ホジュンは、収録曲「結局はあなたです」の音源を13日に発表する。

    「美女と純情男」は、一夜にして底辺に墜落することになったトップ俳優パク·ドラ(イム·スヒャン扮)と彼女を愛し、再び立ち上がらせる初心者ドラマPDコ·ピルスン(チ·ヒョヌ扮)の山戦数戦空中戦人生逆転を描いた波乱万丈なロマンスを描きます。

    OST収録曲「結局はあなたです」は劇中のパク·ドラとコ·ピルスンのすれ違いの中で続く必然的な出会いを代弁するような歌詞と情と動を行き来するドラマチックな展開にキム·ホジュンの訴える力の濃い感情線が調和し感動を加える。

    タイトルからも分かるように、自然に惹かれる心の方向を繊細な歌詞で表現しています。 ここにキム·ホジュンならではの魅力を極大化したバラードに仕上げました。

    最近、正規アルバム2集「世の中(Alife)」発売および80人組KBS交響楽団と共に飾ったクラシック単独ショー「ザ·シンフォニー」、4月末から始まる「トバロッティクラシックアリーナツアー2024」など旺盛な活動を繰り広げているキム·ホジュンはOST新曲「結局はあなたです」に期待が集まる。

    OST製作関係者は「修飾語が必要ない名品ボーカリストのキム·ホジュンが歌唱を引き受けることになり、ドラマに深い感動を伝えるだろう」と明らかにした。

  • ヒョヌ様 応援

    記事:イム·スヒャン、チ·ヒョヌ、集中モードON···撮影場ビハインドカット公開(美女と純情男)

    元記事はこちらから💁‍♀️

    https://m.news.nate.com/view/20240412n00647?mid=e02&list=recent&cpcd=

    KBS2週末ドラマ「美女と純情男」の躍動感あふれる撮影現場の雰囲気が公開された。 完璧な作品を作るために努力している俳優たちの色とりどりの姿が視線を強奪する。

    まず、俳優のイム·スヒャン(パク·ドラ役)とチ·ヒョヌ(コ·ピルスン役)は和気あいあいとした撮影場の雰囲気の中、毎瞬間すべてのシーンに心を尽くしています。 イム·スヒャンはカメラを見ながら指でかわいいVを描くなど、撮影現場のあちこちを明るく照らす一方、チ·ヒョヌは少しの時間も逃さないように、シュートに入る直前まで台本を細かくチェックしながら演技への情熱を燃やしている。

    さらに、チャ·ファヨン(ペク·ミジャ役)、パク·クンヒョン(キム·ジュンソプ役)と幼い二人の主人公を完璧に消化したイ·ソルア(幼いドラ役)、ムン·ソンヒョン(幼い適当役)もまた、手から台本を離さない超集中モードを見せています。

    劇中で大活躍中のイム·イェジン(ソグムジャ役)、ユン·ユソン(キム·ソニョン役)、イ·イルファ(チャン·スヨン役)、ハン·スア(コン·マリ役)など俳優たちの明るい顔も捉えられました。 彼らはお互いの手を握ってカメラに向かって明るい笑みを浮かべて見せたり、休み時間を一緒に過ごすなど、完璧なチームワークを披露しています。 撮影現場を思い出に残すために、イ·ソルアがチャ·ファヨン、イム·イェジンと一緒にビハインドスチールを撮影したという噂です。

    「美女と純情男」第7話は13日(土)夜7時55分に放送されます。

  • ヒョヌ様 応援

    記事:「美女と純情男」イム·スヒャン、チ·ヒョヌ誤解開始···視聴率16%です

    元記事はこちらから

    https://m.joynews24.com/v/1705788

    「美女と純情男」イム·スヒャンがチ·ヒョヌを誤解した。 この日の放送は全国世帯視聴率16.0%(ニールセンコリア基準)を記録した。

    7日に放送されたKBS第2テレビの週末ドラマ「美女と純情男」(脚本:キム·サギョン、演出:ホン·ソクグ、ホン·ウンミ、制作:来夢来人)の第6話では、トップ俳優パク·ドラ(イム·スヒャン扮)の機嫌を取るのに苦労するドラマPDコ·ピルスン(チ·ヒョヌ扮)の孤軍奮闘記が描かれた。

    この日、ピルスンはドラが自分の正体を疑うと当惑し、過去の大体と同一人物であることがばれるかとハラハラした。 きわどい雰囲気の中で撮影は行われたが、ドラの代役が現場に来られない突発状況が発生した。 これに対しピルスンはドラの代わりに撮影するために彼女とそっくりの女装まで敢行、険しい撮影を無事に終えた。 そんな必勝の好意に感動したドラは、彼に向かって心を徐々に開きました。

    一方、必勝の祖母ソグムジャ(イム·イェジン扮)は、「ドラの母」ペク·ミジャ(チャ·ファヨン扮)を訪ね、過去、キム·ジュンソプ(パク·グンヒョン扮)が貸したお金を返せと催促した。 ミジャはお金を払うことはできないと対抗しましたが、クムジャもトップ俳優になったドラを持ち上げて放送局を訪れ、「すべてを暴露する」と脅しをかけた。

    以後、胸を締めながら生活していたミジャの前にドラマ「直進メロ」の出演料が入金された。 先立ってドラマのメイン投資者であるコン·ジンジン(コ·ユンブン)がドラに好感があるということに気づいたミジャは、すぐに診断を訪ねてネクタイをプレゼントするなど意図的に接近し、そのようなミジャの意味深長な行動が視線を虜にした。

    そうかと思えば、ドラマ撮影場で二人の主人公であるドラとチャ·ボンス(カン·ソンミン扮)が張り詰めた神経戦を続けた。 撮影が難航を繰り返すと、ピルスンは撮影場の平和のために2人の機嫌を取ろうと絶えず苦労した。 特に、ドラのためのトッポッキを包装したり、花束をプレゼントしたりするなど、さまざまな努力を通じて彼女の心を揺さぶりました。

    気分がよくなったドラは「ポグリ監督が作品が終わるまで、絶対に私の味方になってくれなければなりませんか?”と必勝に頼り始めた。 そんな必勝を好感として受け入れたドという妙なときめきを感じ、自分を気遣ってくれる彼のために帽子のプレゼントまで準備した。 しかし、ドラのマネージャー、李ジェドン(ナム·ジュンギュ扮)は、必勝がボンス編でドラの悪口を言っているという噂を彼女に伝えた。

    結局のところ、放送の最後のほうは「本当に1日に12回も私がパタパタしちゃいます!”と陰口をたたく必勝を偶然目撃し、必勝に向けた裏切られた気持ちで大きな衝撃に陥った。 ドラの突然の登場にびっくりした必勝と、そんな彼の言葉に傷ついたドラの姿がエンディングを飾った。

  • ヒョヌ様 応援

    記事:チ·ヒョヌ、過去問いかけるイム·スヒャンに必死に言い逃れ「そんな人知りません」(「純情男」)

    元記事はこちらから

    https://www.chosun.com/entertainments/broadcast/2024/04/08/MNNMHEJSHUUNQ2FMWJSVBELXJM

    チ·ヒョヌがイム·スヒャンに過去を隠しました。

    7日に放送されたKBS第2テレビの週末ドラマ「美女と純情男」(脚本:キム·サギョン、演出:ホン·ソクグ、ホン·ウンミ)では、過去を問うパク·ドラ(イム·スヒャン扮)と、最善を尽くして知らんぷりをするコ·ピルスン(チ·ヒョヌ扮)の姿が描かれた。

    この日、パク·ドというチャ·ボンスは演技をしていて感情が激しくなりました。 水を浴びる相手役のチャ·ボンスが「とても痛い」と言い、「私、メグだと思ってこうしているのか」と怒ったのです。 パク·ドラは「キジベと言ったのか」としてチャ·ボンスが自身を無視したとかっとした。

    結局撮影中断、コ·ピルスンはパク·ドラについて「チャ俳優さんが気分が悪かったようです。 でも、さっきもご覧になったじゃないですか。 チャ俳優が威嚇的に駆けつける時、私が体で防いであげたのです」となだめた。

    パク·ドラは「それは本当にありがたい」として「やはり私の味方は私たちの助監督しかいない」として作品が終わるまで私の味方をしてくれと頼んだ。 コ·ピルスンは、朴ドラにトッポッキを捧げながら、「そうする」と約束した。

    その後、コ·ピルスンはパク·ドラに花束まで渡し、パク·ドラは大喜びで「これからチャ·ボンスが大騒ぎしても我慢します、この花を見ながら。 私が監督に入封すれば、条件を問わず無条件で駆けつける」と感動した。

    しかし、朴ドラのマネージャーは「コ・ピルスンはコウモリです。 姉にはトッポッキ、アイスクリームなどを捧げ、チャ·ボンスにはチキン、ピザ、水産市場から刺身も持ってきたそうです」と不満を吐露した。

    パク·ドラは「ポグリ監督がそんなはずはない」として堅固な信頼を示し、マネージャーも口止めをさせた。 しかし、放送の最後、チャ·ボンスと一緒に酒を飲みながらパク·ドラを噛んでいたコ·ピルスンは、現場でパク·ドラに出くわして酒を噴き出した。

    一方、パク·ドラは「直進メロ」の撮影現場で倒れそうになった自分を捕まえてくれたり、自分のために女装まで強行したコ·ピルスンに「大したことではありません。 監督を見ると、あのお兄さんを思い出します」と聞いた。 しかしコ·ピルスンは「全く知らない」と言い逃れ、二人の過去の縁がいつ明らかになるか期待を集めた。

    そうかと思えば、ソ·グムジャ(イム·イェジンさん)はペク·ミジャ(チャ·ファヨンさん)に出くわして「私たちの姻戚のお年寄りに尻尾を振って持って行ったお金を出せ」とし、そうでなければ「借金闘」をすると脅しをかけた。 結局、白米子は塩子に5千万ウォンを与え、不安感を高めました。

  • ヒョヌ様 応援

    記事:チ·ヒョヌ、イム·スヒャンの勘に言い逃れ「デチュン?」 全然わかりません」(「純情男」)

    「美女と純情男」チ·ヒョヌがイム·スヒャンに嘘をついた。

    7日に放送されたKBS第2テレビの週末ドラマ「美女と純情男」(脚本キム·サギョン/演出ホン·ソクグ、ホン·ウンミ)には、コ·ピルスン(チ·ヒョヌ扮)がパク·ドラ(イム·スヒャン扮)にコ·デチュンを知らないという姿が描かれています。

    この日、パク·ドラはコ·ピルスンに「助監督、コさんじゃないですか。 もしかして親戚に古代虫という人がいますか?」と単刀直入に尋ねた。

    コ·ピルスンは「ほとんどですか? なぜですか?」と驚き、パク·ドラは「私が幼い頃に知っていた兄なのに、不思議と助監督を見ると思い出すのです。 もしかして親戚かなと思って」と説明した。

    これを聞いたコ·ピルスンは「そんな親戚は絶対いません。 古代虫だなんて、名前が面白いです。 適当に暮らせと適当なのか?」と知らんぷりをし、パク·ドラは「確かに同じコさんだからといってみんな親戚ではないから」とうなずいた。

    これに対してコ·ピルスンは「そのお兄さんがとても印象的だったようです。 今まで思い出すものを見ると」と探ってみました。 パク·ドラは「実はそのお兄さんの初恋が私じゃないですか」として「私が好きだとすごく追いかけました。 学校に通っていた時、自転車に乗せてくれると追いかけ、トッポッキを買ってくれると追いかけて」と言いました。

    コ·ピルスンはひょろひょろしながらも「これから私を見ながら絶対にあのお兄さんを思い浮かべるな」と釘を刺し、パク·ドラは分かったと話した。